ブログ

改名

戸籍の名前を改名をするには家庭裁判所の許可が必要です。

名前の変更をしないと社会生活に支障があるような場合には、

正当な事由ありと認められ、変更が許可されます。

例としては、異性とまぎらわしい、読み方が難解、奇妙な名前、などがあげられています。

 

戸籍の名前ではありませんが、1994年に改名をされた選手がいらっしゃいます。

1994年に、大学に入学したばかりの私は、物珍しさもあって、

神戸グリーンスタジアム(当時)まで試合を見に行きました。

シーズン開幕当初の試合でしたので、

同時期に改名した「パンチ」の方が知名度がありました。

しかし、その年の大活躍により、一気にスターになられました。

 

イチロー選手、3000本安打おめでとうございます。

面識はありませんが。

 

尾藤

 

カテゴリー:法律コラム

尾藤法律事務所
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-1 KT-8ビル3F
TEL:06-6420-8655

民事執行法改正見込

朝日新聞デジタルの記事によれば、民事執行法が改正され、

裁判等で確定した賠償金等を支払わなければならない人の預貯金口座を

金融機関に明らかにさせる仕組みができる見込みのようです。

 

判決をもらっても相手方に財産がなければ回収ができません。

相手方に財産があるかどうかは、回収しようとする人が調べなければなりません。

調べずに預貯金を差し押さえる手続きもできますが、

そもそもその銀行に銀行口座があるかどうかわかりませんし、

銀行に口座があっても支店ごとの手続きになるため、

違う支店に口座がある場合などは空振りになってしまいます。

強制執行が空振りになった場合は財産開示手続という手続があるのですが、

あまり有効に活用されていません。(私も一度だけしかしたことありません。)

銀行に関しては、最近、弁護士会を通じた照会手続をとれば、

回答してくれる銀行もありますが、回答してくれない銀行もあります。

ですので、債権者の側からすれば、ありがたい改正になりそうです。

ただ、どこの銀行に口座があるかは債権者側で見当をたてる必要がありそうです。

 

尾藤

 

 

 

 

カテゴリー:法律コラム

尾藤法律事務所
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-1 KT-8ビル3F
TEL:06-6420-8655

契約書

請負契約の代金請求にあたり、契約書がない、注文書も受け書もない、

ということがよくあります。

教科書的には、トラブルにならないように契約書を作っておきましょう、

ということが言われますが、

電気工事業など請負の仕事をしている友人達から話を聞くと、

携帯電話で仕事を受けるので書面のやり取りがない、

日当の話などはしない、

というのが普通のようです。

でも最近はLINEで仕事を受けることも増えて来たとのこと。

LINEの記録も証拠になりますので、

契約書の作成が難しいような時でも、LINEの記録を残しておくことは有用ですね。

 

尾藤

 

カテゴリー:法律コラム

尾藤法律事務所
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-1 KT-8ビル3F
TEL:06-6420-8655

交通事故研修

昨日は弁護士会が開催する交通事故の研修に参加してきました。

裁判所によって違いますが、交通事故を専門に扱う民事部があるところが多く、

神戸地裁の交通部の裁判官が講義をしてくれました。

次の予定があったため、途中で退席しましたが、

弁護士が見落としがちでも、裁判所が重視するところなど、

裁判官の視点からの説明で、とても参考になりました。

 

ホームページ更新後の初投稿ですので、少し真面目に。

 

尾藤

カテゴリー:法律コラム

尾藤法律事務所
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-1 KT-8ビル3F
TEL:06-6420-8655

ホームページリニューアルしました

平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございます。

この度、ホームページのリニューアルを行いましたことを、ご報告致します。

この度のリニューアルでは、お客様がより使いやすいウェブサイトを目指し「新しく分かり易く」情報をお伝えできればと考えております。

解決事例など更新していく予定でございますので、今後とも尾藤法律事務所をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

カテゴリー:お知らせ

尾藤法律事務所
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2-15-1 KT-8ビル3F
TEL:06-6420-8655